ネットTVの世界を変えるサイバーエージェント

日頃、動画を見る場合どのようなコンテンツを利用されていますでしょうか?

通常の地デジ放送、NHK、衛星放送のスカパー!やWOWOW、AMZON TV、NETFLIX、U-NEXT、dTV、youtubeなどなど、今や選択肢は様々である。

動画の王道といえば、これまで地デジ放送が当たり前であったが、いまや若者のテレビ離れが進んでいるように、その勢いは地に落ちている。

番組欄を見ても、似たような番組が並び、チャンネルを変えれば似たようなメンバーが映し出されている。

そして、今のテレビを壊した大きなポイントとしては視聴者の声であろう。

昔はテレビがコンプライアンス違反したとしても、電話で苦情を行うぐらいしか視聴者には手段がなかったが、おかしいと思った点を視聴者はSNS上で表現し、似通った意見の人々と分かち合う事ができる。

これが例え大多数でないとしても、人々の承認欲求は満たされ大きな波ができるのだ。

演者達はいつの間にか、見えない視聴者の目に怯えながら行動する事となり、TVのパワーはいつしか衰えた。

その点、個人間で作る、youtubeはコンプライアンスが個人に負わされるので、過激な表現ができ、またスポンサーの目を気にする事なく自由に作品を作れるので人気が出た。

しかし、なんでもありかというとはそうではなく、やはりここでもコンプライアンスをプラットフォーム側に負わせる事による規制が行われる。

ネットTVの業界も初めはAMZON PRIMEやNETFLIXが伸びたがどうであろうか?

どのサービスに登録しても、同じ映画を見る事ができるため、結局は料金などの勝負となる。

結果、独自の作品を作る必要となり、そのためには製作費が必要となり、月会費の増加が進んでいる。

しかし、こういった定額動画配信サービスをお金を払ってみる人達は何かしらのコンテンツに興味を持っている人達である。

これらを全て満たすような、作品を作る事は難しい。

そこで、出てくるのがAMEBA TVだ。

Abema TVには魅力的なコアな作品が多い。

那須川天心 VS 武尊

ブレイキングダウン

RIZIN

WORLD CUP 全試合放送

M-League

将棋

メイウェザーの試合

どれも独特なコンテンツだ。

生放送で見たいものばかりであり、リモコンをどこを操作しても見る事ができない。

そして、これらが無料で見る事ができる。

勿論、無料ほど怖い物はないというように裏にはカラクリは必ずある。

Abema TVのDL会員数の増加だ。

会員数が多いほど、スポンサーがつくのでスポンサー料が自然とサイバーエージェントに入ってくる。

知らぬ間に会員の方々はこの足掛かりになってくるのだ。

勿論、この恩恵としてサイバーエージェントはより強力な作品・企画をできるのである。

youtubeであれば、個人の動画であり、仮に自分が何かに特化した選手だとして、海外のチャンピオンと対戦したいといった場合、オファーしその対価を払い、会場を用意できるだろうか?

数百万円といったところなら良いが、時には数十億のオファーが必要であり、それらから収益を上げるためには、動画だけではなく、観客動員数、グッズ、スポンサーを集める、海外への配信網など幾重にもビジネスを拡げられなければ投資効率が悪くなる。

そういった意味では企業がこういった取り組みにはどうしても適しているのだ。

最近、アメトークなど朝日テレビなどを見ていると、番組の最後にもう一度見たい方はT-verへと誘導されるが、サイバーエージェントは朝日テレビとタッグを組んでおり、T-verを作った会社に投資している。

最初にこれまでのテレビ業界の衰退を説いたが、テレビ業界と広告業界の蜜月については強いアドバンテージがあり、個人ではできないビジネスの幅という意味では一日の長があるおは間違いない。

肝心なのは羽をむしり取られ、頭が凝り固まっている事にある。

ネットTVとタッグを組む事により、利益に二重取り、三十取りができ、サイバーエージェントはテレビ局のこれまで培った営業能力を活用できるのだ。

サイバーエージェントといえば、ネット広告代理店事業の始祖と言われる企業だ。

売上もほとんどがここから生まれている。

つまり、メディア事業を強固にする事により、自社で確固たるコンテンツを作り、それに広告代理店事業を乗せる事ができる。

意外にも株価は3,000円まで跳ね上がっていたが、現時点では1,000円付近まで落ちているではないか。

これはゲーム事業のウマ娘での売上の原則によるものとの事。

私はゲームはあまりしないので良く分からないが、それでもテレビ広告でよく目にする。

このゲームもしかりではあるが、オートレースや競輪の投票もできるようになっている。

ネットTV事業に広告を乗せつつ、その番組に参加できるなんて最強のツールではないだろうか。

少なくとも競輪が好きな人は映像を見たいので加入する。

動画も視聴するので広告を見る事であろう。

熱いものを見るのが好きであれば、きっと格闘技や麻雀など他のコンテンツを見るに違いない。

Abemaを見る限り、国内向けの事業にも感じるが、その日本独自のコンテンツ作成能力とネットというどこでも簡単にアクセスできるというネットワークは何かをきっかけにぐっと跳ねる可能性も秘めている。

サイバーエージェントはこういった意味ではとても面白い投資フェーズに入っており、DL数だけでは国内のほとんどのシェアを掴んでおり、あとはどのように収益を得るか、視聴者にプラットフォームの滞在時間を増やすかといった所が鍵となってくるのではないだろうか。

私見ではあるが、最近はAMZON PRIMEの改悪、DAZNの月額費の増額などにより、うんざりとしている今日この頃。

私の愛する川崎フロンターレの三笘選手の試合がAbema TVで放送されているという記事を毎日のように掲示板で見ており、気になって調べた限りである。

やはりコアなファンをつかんで離さないサイバーエージェントはこれからも注目であり、今の株価は株価指標から見るとかなり割高であり、できれば500円以下で買いたいところであるが、中長期で持っていればいつかは2,000円を何度か確実に超えてくれそうな会社でもある。

興味本位の範囲、余裕資金があれば少し持っておきたいと思った今日一日。

*株式投資は自己責任です、投資判断は十分に注意して行い、余裕資金で行いましょう。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です