引越し業者の選び方 ミニオンズとパンダで比較

引越し業者を選ぶ際何を基準に選ぶだろうか。

パッと聞かれて返ってくる回答としては、料金の安い会社。

その他としてはサービスのよい会社ではないだろうか。

意外に細かい選定基準がないのが引越し業者である。

ネットで検索すると、引越し料を安くする方法として一番は合い見積もりをとる事であり、一括査定をしてくれるサイトもあります。

ここからも分かるように、引越しの料金は引越し時期の相場によって変動するためあってないようなものである。

だから合い見積もりを取るのだが、各社その時の相場で料金を出してお互いの相場を決めているので、思ったような値段とならないのが現状だ。

ちなみに私が使用した引越し業者はミニオンズの会社だ。

子供がミニオンズにはまっていた事、業界No.1のサービスが売りだ。

正直、総合的には満足していなかったのと、二回目の引越しは自己都合の引越しであったため、会社の補助がでない事から安い業者にしたいという事でパンダの引越しセンターを選択した。

それでは各条件について私の個人的な見解ではあるが、評価を述べていく。

<価格>

ミニオンズ:20万円程度を最初の査定で吹っ掛けられました。交渉の末18万円台に。とても高いです。人を三人8時間拘束して、18万円だと、時給7.500円です。

ちょっと高いですね。

パンダ:平日は赤字覚悟の価格とHPにありましたが、開口一番、この時期は需要が高いので値段が高くなります。HPの情報は嘘です!ただし、ミニオンズより安く14万円を提示。交渉の末13万円になりました。

<衛生面>

ミニオンズ:部屋に入ってくるときに新品の靴下を履いてくれます、新居に汚い靴下で上がられるのは最悪です。なかなかいいサービスです。ただし、家具をのトップの部分などは拭いてはくれませんでした。

パンダ:企業のロゴが入った靴下を履いてきますが、使い古しです。汚い靴下でどすどす入ってきます。ただし、家具を軽く、使いまわしのタオルで拭いてくれます。

<梱包作業>

ミニオンズ:食器専用の箱を貸してくれます。これは梱包の際、大助かりです。新聞などまかなくてよいので楽でした。その他、引越し業者の片の梱包作業も比較的丁寧です。食器も自社の専用ボックスで分けているの、区別がし易いため、取り扱いが丁寧です。

マイナスポイントとしては段ボールが有料です。段ボールを引越し後回収してくれるため、中古の安い段ボールも販売してくれます。

パンダ:段ボールは無料なので、気にせず沢山貰えます。食器専用の箱とかは一切ないので、事前準備が大変です。段ボールの回収サービスはないです。引越し業者の梱包作業が雑なため、シーリングライトがボコボコになりました。高級品を運ぶ場合はまりすすめません。養生シートを室内に敷いてくれますが、かたちばかりで、平気で直置きし、フローリングが傷つきます。

冷蔵庫を運ぶさいも、注意が少ないので、シーリングライトにぼこぼこあたってもお構いなしです。

<営業担当者対応>

ミニオンズ:見積りのために引越し前に営業の方が一度、訪問してきますが、約束の日をすっぽかされました。これない場合には電話の一本あってもよいはずですが全くなし。こちらから、待てどくらせど来ない事を電話で連絡しても、受付の人は謝罪すらせず、平気で別の日を提案してきます。

別日に担当者が来ましたが、謝罪もなく普通に営業をし、あほみたいなな金額を提案してきます。

忙しいのは分かるが、こちらは当方の指定した日に合わせて、休みをつぶして待っているので数万円の損害を受けているので怒り心頭です。

正直、さぞかし殿様商売なのだと思います。

パンダ:第一声に普通はミニオンズを使った方はずっとミニオンズを選びますが、なぜパンダですかと聞いてきました。やっぱりミニオンズが良いのが分かります。

査定をする際、引越し先が近いので、これとこれは自分で運びますというも、それでいくら変わると思っているのですか?単価を上げたいのかこういった発言が多かったです。契約書の約款の説明についても読んでおいて欲しいとだけ言って説明はなし、ただし、読まない人が多いのも事実であるため、事例を一つあげて脅しをかけ読ませようとしてきます。

終始、説明は上から目線です。

ちなみに後々、引越しの際に作業員の片が家の一部を誤って壊しますが、その際も作業員の片が謝罪にくるのみで、営業の人は来ませんでした。

<引越し作業>

ミニオンズ:リーダーの人は丁寧に作業をやってくれ、印象もまずまずです。

パンダ:リーダーの人がテキパキ働いていますが、要領が悪いのか同量の家具の数で、移動距離が短いにも関わらず、終了時間はやや遅かったです。

適当なので、シューズボックスに入らないと言われたブーツを他の人が黙って持って行ってくれたりと、融通は利きました。

電気配線は凄い適当です。適当にコンセント引き抜いて新しい家に運び、無茶苦茶に配線されるので、大きな家具の裏側に配線がある場合には最悪です。

1階だったのですが、柵を許可なく外し、バルコニー側から搬入されました、

結果、電動ドリルを使ってねじを差し込むため、柵のねじを破損。

<クレーム対応>

ミニオンズ:先にも書きましたが、約束をすっぽかしておきながら謝罪なしです。

パンダ:柵の破損に関し、後日電話しましたが、否を認め当日に現場確認に来てくれました。

<まとめ>

引越し料金の高い会社は高いだけの理由があり、丁寧に物を運んでくれます。

清潔感もお金を払っている分あり、エコ楽ボックスなど事前準備がとても楽でよいです。

引越し料金の安い会社は安いだけあり、運搬作業が雑なため、余計なトラブルが発生しがちです。

細かいケアまで行き届かないので、部屋が汚れたり、事前準備に苦労したりします。

よって、ある程度、金銭的に余裕があり、綺麗な部屋に引っ越す方は高額な業者を

選ぶ。

ボロボロな部屋で多少傷ついても気にならない場合には安い業者を選ぶ事をお勧めします。

誰しもが安い業者を選ぶのは間違いであると感じます。

ただし、金額が高いからといって、会社の対応がしっかりしているわけではないので、その点については消費者は誠実な対応が必要となります。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。