たかが仕事

やらされてやる仕事は作業だ。

作業は坦々とやるものだ。

そこに希望もなければ、工夫もない。

作業をいかに仕事にするかが大事である。

ただし、愚かな上司はそういったチャレンジを嫌う。

そして、意味の分からないチャレンジを押し付けてくる。

緊張する憂鬱になるプロセスには人ぞれぞれ、自分への過度なプレッシャーを心的にかけている事になる。

失敗して怒られたらどうしよう、損害を出したらどうしよう、期限に間に合わなかったらどうしよう、帰宅時間が遅くなったらどうしよう。

たかが作業と思う事が大事だ。

あなたが成功して、会社はあなたに大きな報酬をくれる事は絶対ない。

少なくとも、このようにくだらないプレッシャーがかかっているような立場であれば絶対にない。

例え失敗しても愚かな上司にわめかれるだけだ。

今日もさっさと帰って、好きな事をしよう。

大事な事はあなたが豊な生活を送る事であり、愚かな上司を幸せにする事ではない。

仮にそのような上司がいるとすれば、同程度の給料を頂ける会社は沢山あるだろう。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。