株式投資は買うより売るが難しい

すごく有望な銘柄が見つかり、自信の持つ指標で評価すると大変割安だったとします。

すごくワクワクし興奮します。

私なら何度も数字を検証し、業界展望とそのサービスの評判を調べ、興奮の渦へと飲み込まれていきます。

翌日に早速買付、心高鳴ります。

予想に反して、下がったらどう感じるでしょうか?

追加で買うべき?不安にかられ売るべきでは?と考えませんか?

予想通り上がったらどう感じますか?

もっと上がるはずなのでホールドしよう。いや直ぐに下がるかもしれないので売ってしまおう。

私の経験としては売ってすぐに株価が倍になった銘柄があるので、後悔する事があります。

逆に値が下がっても信じて持ち続け、値段が戻した時に利益確定し、結果投資効率が悪かったなと反省する事も多々あります。

つまりは売る時が一番、人間の心理は働くので難しいのです。

私は買う前にいくらで売るというのをノートに書き留めています。

また、定期的に見直し、そのゴール設定を見直し、評価の上げ下げを行っています。

いざという時に躊躇なく売るための習慣です。

あなたはう儲けるイメージだけでなく、売るイメージはしていますか?

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。