トリュフ採集第2戦 公園編

先日の近くの神社に引き続き、今日は大きな公園にトリュフを探しに行きました。

トリュフを探すという名目で虫採りに連れて行ってもらえると舞い上がる5歳児の3歳児。

さて結果はいかに。

トリュフはどんぐりが落ちているような木、土が柔らかい所などで葉っぱを軽く払うと意外に見つかるとのことであったので、この辺を集中して捜索。

開始早々クヌギの木を発見。

カナブン、セミ、クワガタさんの頭など幸先良く見つかり子供達は大騒ぎ。

5歳のお兄ちゃんはなにげに網で捕まえたセミを素手で捕まえ虫かごに入れられるようになっていました。

次は私が捕まえると騒ぐ妹をよそに、私はトリュフに集中!

堅い土しかいない!!

カナブンの幼虫しか見つからない。

暑さのせいか、立ち上がるとめまいがするのに何度も耐え、1時間半探しましたが成果はゼロでした。

綺麗に整備された大型の公園では見つからないようです。

落ち葉も少ないですからね。

ただし、子供達はセミさんを捕まえて満足のようでした。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

幼稚園休んでいい?

次の記事

FIREの基準とは?