プレーを言語化できる。仕事を言語化できる。

常々、サッカーは仕事に通づるところがあると10年考えて取り組んでいる。

デビューが遅くなったがAMAZONRIMEでアオアシを見てて、ぐいぐい言葉に響く単語が出る事、主人公の取り組む姿勢に共感し毎回目に熱い物がこみ上げる。

要所要所で初回に出てくるのは、プレーを言語化して説明できるという事だ。

私の上司は何を言っているのか分からないうえ、言葉数が少ない。

質問すると、面倒臭そうにする。言葉が多い程、嫌がる。

感覚的になプレーヤーである事は間違いない。

ただし、パスをキャンセルするのだけは得意なプレーヤーだ。

ぼやっと愚痴ってくるので、私が言語で説明すると、返ってくるメールの返信は矛盾だらけだ。

私はその言語をつなぎつなぎ矛盾の糸を紡ぎ、ゴールに満ちびかなければならない。

結果、上司にゴールをアシストしても、それは言語化される事なく、ゴールした人の結果だけ残る。

とても辛い事ではあるが、決して下を向いてはいけない。

このゴールの結果を言語化できるのはフィールドプレーヤーで私だけなのだから。

カテゴリーを下げてプレーしてるぐらいの感覚が良いのではないか。

今、やっている事を言語化できるだろうか。

なんとなく良い。

人に合わせているから良いで終わっていないだろうか。

明日も人知れず前に進もう。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。