つまらない会社員生活を変えるための最近の工夫

最近は読書日記ばかり投稿しているので、ちょっと一息。

私のサイトに訪れて下さったという事は会社を辞めたい人でしょうか?

それとも前向きに投資を考えている人でしょうか?

7年半ぶりに会社勤め生活を始めて、早2カ月が経ちました。

仕事の変化を恐れ、前向きにやろうとする人に足をひっぱり、ぬくぬくと仕事をする事ばかり考え、人にしがみついてくる人ばかりで精も根も付きかけて、一日に何回も辞めたいと叫ぶ毎日が続いています。

しかし、諦めてはおしまいです。

少なくともそのような理由で考えて辛いと感じているという事は、周囲とのギャップにあります。

日々、工夫をして周囲のゾンビ達を出し抜きましょう。

屋上に駆け上がり、扉に重しという重しを置き、新鮮な空気を吸い、後は助けを待つもよし、コツコツゾンビを倒すもよしです。

それでは私が心掛けている工夫を紹介します。

・どんなに仕事がっても、17時に仕事を切り上げる。

周囲はみんな働いていますが、静かに帰りましょう。

17時に帰るメリットは必ずあります。

17時に帰るという時点であなたのゴール設定は明確です。

17時に帰るための仕事の手順に少しづつ体が慣れてきます。

自然と仕事の優劣や優先順位、人に振るべき事。やらなくてもいい仕事が決まってきます。

周囲もあなたをそういう人と見てくれるでしょう。

後は、エレベーターでガッツポーズをする事を忘れずに!

・朝の電車でメールを処理して、リラックスする。

17時に帰るためのコツです。漫画やバカみたいな動画を見ている人がいますが、少しだけ頑張りましょう。

少なくとも自信につながります。

テレワークになれば、通勤時間がなくなるので、資格取得の学習時間にあてられ、会社に貢献できるのに、テレワークをさせてくれないといった意見をテレビ見ますが、逆に電車の中で勉強している人はあまり見ません。

それがやる気がある人なら既にしっかり勉強しているはずなので、きっとそんな意見を言っている人はテレワークでも勉強はしないはずです。

・通勤電車で本を読む

私は通勤に2時間を毎日割いていますが、その代わりに本は一日一冊読みます。

一日で唯一一人になれる時間であり、通勤は苦になりません。

脳が疲れている時は、何もせず音楽を聴いてじっとしています。

・フリーアドレスだが、あえて同じデスクに座る

毎日机が変わり、景色が変わると落ち着かないのではないでしょうか?

加えてモニターの設定なりを前の人の設定から変える時間に感じるストレスは尋常ではないです。

なるべく余計な事に体力を使うのは止めましょう。

・ネクタイとジャケットを着る

しばらく会社に行っていなかったのもありますが、電車に乗っていてネクタイとジャケットの着用率の低さに驚かされました。

それなのに、革靴、スーツパンツはなぜでしょう。

だらしないおじさんにしか見えません。

熱いからネクタイ、ジャケットを着ないという思想は意地汚いと感じます。

中途半端にスーツパンツって・・・。

服装くらい自分らしいポリシーを持った人と仕事がしたいです。

毎日、しっかりしていると自信倍増です!

・好きなエネルギードリンクを飲まない

私は高校生時代にエネルゲンが好きだったので、飲んだところで元気にはならないのですが、エネルゲンのボトルを見ると勇気が湧きます。

丁度、会社の最寄り駅の改札出てすぐの自販機にならんでいるので毎朝眺めてから通勤します。

本当に辛い時に買おうとまだ買っていません。

・昼ごはんは早弁

私の会社はランチの時間エレベータが混みます。

そのため、11:45くらいからランチに行く事が黙認されています。

正直、この風習に私は納得できません。

15分といえども会社は賃金を払っているのですから。

ちなみに私はお弁当派です。

悔しいので11:50から早弁し、12:00に誰もいないトイレで髪のセットと歯磨きをするようにしていますが、とても気持ちい習慣で気に入っています。

その後は会社にある日経新聞を20分かけて読みます。

節約!節約!

いかがでしたでしょうか?

気づかぬうちにやっている習慣あればまたご紹介します。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。