”メタバースとは何か” メタバース入門書

メタバースという言葉を日経新聞で目にした。

メタバースとは何かネットで調べると本書がトップに出てくる。

正直な所、本書を読んでメタバースに関する知識が高まったとは言えないと感じる。

メタバースとは高次世界などという意味があり、どちらかというと仮想現実というのがイメージしやすいのではないだろうか?

バーチャルリアリティVRといった、視覚的に疑似体験をする。

画面上の世界でアバターなる自分の分身を画面上で操り、他人と話す。

テレビ電話でアイドルと話すといった行為もやや入るのではないだろうか?

本書ではメタバースの入り口といえる様々なサービスが具体例として示されている。

気になった所から入るもよし。

私のように可能性だけを夢見るもよし。

メタバースは今まで不可能であたこと、容易にできなかった事を体験できる、可能性の高い分野である。

現時点では仮想現実をどのように提供するか。

それはプラットフォーム(世界)に人々をいかに大きくするかという点で競争がすでに世界では進んでいる。

本書では特には述べられていないが、仮想通過の流通競争も始まり、これらがリンクする事によって、相互のプラットフォームと通過の価値をいかに上げるかといった競争も期待できるであろう。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。