toto 第1262回 予想

toto挑戦もこれが四回目となります。

少しずつ予想の精度が上がってきたので、miniで1万円以上の当選が次の目標です!!

1等とはいきませんが、totoも3等以上が見えてきているのでそろそろ当てたいです。

また、当ブログの更新は管理人の都合によりしばらくお休みの予定です。

totoの購入は続ける予定ですので、結果はまとめて報告になる予定です。

あまり興味はないですかね・・・(-_-;)

以下は購入前のベースとしている予想です。

全て購入すると10万円を超えてくるので、予算に合わせていくつか削ります。

1.F東京 鹿島

予想 0 2

ホームゲームは得点・失点共に増加する傾向にあるF東京。

ホームゲームが強い事が前回の名古屋戦でも鮮明に現れていました。

しかし・・・怪我人が増えてきているところが気がかりです。

対する鹿島もここ最近取りこぼしもあるが数試合を見るとまずまずの内容とも言えます。

トリプルで買いたいところでもあるが、総合的に見てやや鹿島優勢か?

2.徳島 大分

予想 1 0

前節は点の取り合いとなった徳島。

ハイプレスの横浜FCとの相性もあるので、今回はあまり参考にならない結果と見る。

対する大分は仙台相手にデータだけを見る限り、前半は手を焼いたが先制点を皮切りに残留のため負けれない仙台の弱みをつき大量得点といったところか?

徳島はここ数試合しっかりと点数を取れている事から、3バックの大分に対しサイドを攻め先制点をとる展開になると予想。

残留争いのためにも、攻めないといけない大分は徳島に裏を取られるリスクが上がるはずである。

3.大阪G 鳥栖

予想 1

どちらも得点力に課題があるが・・・。

戦力的に攻撃力がダウンしたのは鳥栖であるため、攻撃力としてはガンバ優勢か?

前節の浦和戦は守備は東口選手を中心に堅い守備を強いていたが、サイドの攻撃参加は少なかったようにも感じる。

それでも宇佐美選手の突破は一発の可能性も感じられた。

鳥栖は湘南のプレスを交わしながら敵陣にしっかり攻め上がれた印象ではあるが、カウンターを受けるシーンもあった。

大阪Gの勝利の可能性が格段に高いと予想。

4.札幌 福岡

予想  0 2

対戦成績としては札幌有利だが・・・。

福岡は違うチームとなっている事、札幌は福森選手を累積で欠く事を加味し、福岡優勢と予想。

ただし、前半は札幌が責め立てる展開となりかつ、福岡の得点力を懸案しドローもおしたい。

5.名古屋 神戸

予想 0 2

最近の名古屋は守備にも攻撃にも精彩を欠いている印象。

特に高い守備力がここにきてなりを潜めているように感じる。

対する神戸は個々の高い技術で守備をかため、前線には得点力の高い面々が並んでいる。

課題としては得点パターンに確実性がないところか?

いずれにせよ攻撃・守備両面で神戸が好調と予想。

6.仙台 広島

予想 0 2

ポゼッション、シュート数と低調だった仙台に対し、まずまずの調子の広島。

仙台は3バックのチームの方が得意だが・・・大分との結果を見ても広島が有利と判断。

7.湘南 横浜FC

予想 1 2

今節屈指の好カード!!

点の取り合いが期待できそうである。

最下位脱出し、今のりにのっている横浜FCに対し、勝ち切れていないものの好ゲームが続いている湘南との対戦。

湘南のゲームは引き分けが多い印象であったが、今回限りは白黒つく展開になると期待!!

8.川崎 清水

予想 1

王者川崎は清水との対戦成績は良いが、毎回裏をつかれて一発食らっている印象がある。

しっかりブロックをしく清水を崩し、清水のカウンターチャンスを最小とする事が課題。

ここ最近もたついていた川崎。

怪我人や主力移籍と過酷な日程がその原因であったことが明らかである。

怪我人と日程については改善されており、サブ組を含めて戦力アップもなされ、今節も川崎が優勢と予想。

しかし・・・当選金だけを考えると他の試合に自信があれば0と2も買いたいところ。

9.大阪C 横浜M

予想 1 0 2

横浜Mは札幌戦で弱点が露呈・・・マルコス・ジュニオール選手が累積で出場停止と残り6試合競合相手に苦しい展開が予想される。

ただし、好調な前田選手を中心にここ数試合は厳しい試合を耐えてきている。

大阪Cは今季はぱっとしないが横浜Mにたいしてはさほど苦手意識がない印象。

横浜Mの攻撃をしっかりと受け、攻め切るカードを持っているので何が起こってもおかしくはない。

横浜Mに不足はないので順当に考えれば2の一択でよいが、と高額当選金を期待しトリプルを買いたいところ。

10.磐田 愛媛

予想 1

磐田は前節は引き分けであったものの相手監督のコメントにもあった通り迫力のある攻撃は利いていた。

対する愛媛はアウェイゲームとなると得点・失点とも下がるというデータが。

投資金額を下げるうえでもここは1の一本買い!!

11.松本 琉球

予想 2

前節の松本ー岡山戦は私もテレビ観戦しました。

素早いプレスでボールを回収し、敵陣でのボール保持率が高い印象。

岡山も後方でのパス回しが出来ず前線に大きなパスを出す一方といった内容であった。

ただし、岡山はボールポゼッションよりも相手の裏一発の素晴らしい攻勢をかけていたので、松本は見事にやられたと印象。

総合的に見てどちらも良いゲームであった。

琉球はしっかり守って、堅実なビルドアップをするイメージがある。

松本のプレスを交わし、ゴール前に人がそろえば得点の匂いがする。

琉球優勢との予想だが引き分けの可能性もあるのが怖い。

12.水戸 岡山

予想 1 0 2

個人的には今節の一番予想が難しいカードではないかと感じる。

水戸の攻撃力はあなどれないが、前節の試合ではCBとGKの3名が不安定で危険なシーンが度々見受けられた。

対する岡山の前線2人の裏への飛び出しは見事であり、決定力も感じられた。

水戸が全体的にはゲームを握るものの岡山の一発をどこかで受けると予想。

正直、この試合は難しい。

ダブルにするのであれば0を消したい。

個人的にはタビナス選手のサイドバックが見たかった・・・。

*totoの購入は自己責任です。購入は十分にリスクを検討のうえ行って下さい。

また、これらの予想は管理人の購入前のメモに過ぎないので実際にこの通り購入するかは分かりません。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。