ビジョン(9416)の株価を分析する~国内Wifiシェアトップ~

もくじ

1.ビジョンの事業内容

2.ビジョンの強み

3.主要株価指標でみるビジョン

4.ビジョンの将来展望とまとめ

1.ビジョンの事業内容

ビジョンの事業内容について調べました。

グローバルWiFi事業

主に海外渡航者へのレンタルWiFi事業として、空港にてモバイルWiFiの貸出。

テレワークや社内利用向けのWiFi貸出

コロナの影響で旅行者が激減し、大打撃を受けていましたが、元は最も伸びていた事業でsy。

・情報通信サービス事業

翻訳・吹き替えサービス

ホームページの作成サポート

固定通信サービス

オフィス向けに通信インフラ構築・オフィス機器の販売

ビジョンの安定収益事業です。

・グランピング事業

・保育園事業

経営安定に向け、業種の幅を広げる取り組みですね。

ただし、どちらもコロナの影響をまともに受けそうな事業です。

2.ビジョンの強み

オフィス向けの通信インフラとWiFiレンタルの事業両方に取り組んでいるハイブリッド型の会社は他にはありません。

宣伝効果と副次的な収益が期待できそうなスタイルです。

また、最近ではモバイルWiFiの5Gプランなどを提供しており、業界初の取り組みとなっています。

つい先日、テレビ会議を受けるため、会社からモバイルWiFiを支給してもらいましたが、これもビジョンでした。

我が社もビジョンを使っています!!

使った感じ通信速度が速くストレスは感じませんでした。

しいていうなら、説明書の通信容量制限の部分が不明確でわかりづらかったので、遠慮してあまり使いませんでした。

また、以前別の投稿でもかいたのですが、海外から帰国した際、二週間待機が必要となるのですが、国の要求で強制的にスマホに監視を目的としたアプリをダウンロードする必要があります。

私のスマホは古いモデルであったため、ダウンロードできません・・・。

そんな方に朗報です!!!

ビジョンがレンタルスマホを貸してくれます!!

なんとお値段は1日1,000円です。

15日借りるので、15,000円の費用が掛かります。

あまり借りている人はいませんでしたが、自動でビジョンにお金が入ってきます。

(私はこれでこの会社が嫌いになりましたが・・・。)

少なからず、空港施設ですごい特権を持っていますね!!

3.主要株価指標でみるビジョン

売上

時価総額が680億円に対し、株価は1,400円となっています(2021/9月)。

売上が160億円程度ですので、割高ですね。

コロナの影響がないころでも270億円です。

ROE

コロナ前の数値はとても優秀です。

一株益

赤字に転落していますね。

黒字の時で46円です。

PERを20倍として、900円ですので、やはり割高です。

BPS

いまいち方向性はないですが、有利子負債は0です。

すぐにつぶれるという事はないかもしれませんが、株価の10分の1程度ですので、こちらも割高感があります。

4.ビジョンの将来展望とまとめ

成長事業のレンタルWiFiが回復してくれれば・・・とうところです。

ただし、私の知人は海外でも自身のスマホでネットを利用しています。

一時期、なにも知らずに海外でネットを利用し100万円を超える請求がきたといったニュースがあがっていましたが、今では1日や1週間単位で数千円といった料金での利用が可能となっています。

通信事業者も余計な代理店を通さずに消費者にサービスを提供すれば、余計な中間マージンが不要となるのでコスト競争で優位に立てます。

また、海外に行くと日本に比べて、どこでも無料WiFiが使えるようになってきています。

私は海外にしばしば行きますが、あまり不便を感じた事はありません。

テレワークも日本人の国民性にあっておらず、どこまで普及するかは懐疑的です。

しかしながら、ROEやコロナ前の売上の上昇スピードを見ると事業が好調であるのも間違いないでしょう。

ただし、株価の過熱感を見ると、インバウンドだけでの成長でどこまで伸びるものか・・・。

ここから手を出すには勇気がいりますね。

*株式投資は自己責任です、投資判断は十分に注意して行って下さい。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。