英語は疲れるんだよ(4歳のぼやき)

引越しを機にお兄ちゃん(4歳)は1年通っていた幼稚園を退園しインターナショナルキンダーに通う事になりました。

妹(2歳)も週3で保育園に行っていましたが、お兄ちゃんと同じキンダーのプレスクールに通う事に。

お兄ちゃんは幼稚園行きたくないと言っていたので大喜び!

妹はお兄ちゃんの真似がしたいので大喜び!

でも・・・日本語使えないんだよ・・・。

ただし、この奇人の二人の適応力ははんぱないようです。

同時期に入園した子は泣きまくっているのに、大きな声で真似をし楽しんでいるようです。

外国人の先生も「人生で一番コミュニケーション能力が高い子だ。」と驚くくらい。

娘(2歳)は一週間の慣らし保育を指定されましたが、一日目で解除されました。

しかし・・・お兄ちゃんは自宅に帰ると豹変します。

「英語は疲れるんだよ。」

「前の幼稚園が良かったんだけでお、保育園はもっとよかったけど・・・。」

「でも英語の幼稚園もちょっと楽しいよ。」

「でも頭が疲れるんだよ。」

「行きたくないかな。」

次の日・・・幼稚園に行くと人一倍はしゃいでいる兄妹がいますwww

病気か???

先日、初めて迎えにいきました。

先に来た別の子のママが先生に迎えにきたむねを伝えるとその子が登場。

私も同様に我が子の名前を先生に伝えると・・・。

奥から大勢の女子園児を引き連れて、しょげた顔で登場するお兄ちゃん。

おかげでパパも女子園児がら質問攻めです。

先生から「アルファベットの書き取りと発音は既に他の子は終わっていて、ここではやらないので自宅でやって下さい。」と指示を受けました。

帰りの道すがらお兄ちゃんに「今日からアルファベットを勉強しないといけないね。」と伝えると。

「やなんだよ!英語は疲れるからやなんだよ!誰がそんな事言ったの?先生?」とお兄ちゃん。

やらされると嫌うお兄ちゃんなので、気が向くまでのんびりまつしかないかな?

その夜・・・

「ね~ね~!!英語のお勉強するんだよね?いつするの?英語のお勉強やりたいんだけどいつするの?パパとしたいんだよ。」とお兄ちゃん。

こちらはやる気をなくしていたのでびっくりです。

また・・・狂気が始まったか・・・。

そして、1時間みっちり突き合わされ、翌朝も強制的に勉強される事となりました・・・。

「ね~Dは何かな?」

「知らな~い!英語やめてくれないかなパパ!!」

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。