負けたくない

長男(4歳)は飽きっぽい。

しかし、いつもやる気はまんまん!

「やりたい!」の声が大きい。

パパとサッカーする時。

ボールを独占して、勝手にボールで遊ぶのを止める。

遊び方を教えようとしても聞く耳を持たずだ。

そんなお兄ちゃんも引越しを機にサッカースクールに入れようと検討中だ。

そこで今日は体験クラスに行きました。

他の誰よりも先生に絡み、他の誰よりも先生の細かい説明を理解していないお兄ちゃん。

ただし、先生が褒めて自由にやらせてくれるので楽しそう!

最後の1対1のゲーム練習の事。

先生の意図は空いたスペースを見つけてドリブルをさせる。

ドリブルの大きい、小さいで相手を抜くという事を学ばせたいものと思う。

早速、先生がお兄ちゃんにボールを転がしてくれてゲームスタート!!

対戦相手はアシスタントの先生だ。

ボールに見向きもせず、地面を見るお兄ちゃん。

ようやくボールに触るとゆっくり歩いてきた先生にパス。

どうやら勝てないと思い敵前逃亡したようだ・・・。

しかし、先生がなんとかおぜんだてをしてくれて、お兄ちゃんゴールをゲット。

次の対戦相手は同じくらいの身長の男の子。

最初はのろのろスタートのお兄ちゃんも急に歩が早くなる。

うまく、相手を交わし先生の激が飛ぶ!!

お兄ちゃんシュート!!

・・・がボールは無常にもポストの外。

対戦相手の子がボールを奪い猛然とお兄ちゃんのゴールへ!!

お兄ちゃんも一生懸命後を追走するも、追い付かず。

負けてしまったお兄ちゃん。

「あいつくそだな!!」と暴言を吐く。

すごく悔しかったようだ。

パパの所へ帰ってきた時もよっぽど悔しかったらしく、「くそだな。」を何度もつぶやく。

「相手の子が上手だったから負けたんだよ。練習して次は勝とうね。また勝負してもらおうね。」となだめると。

「上手すぎるんだよ。次は勝つんだよ。まだサッカーしたいんだよ。」というお兄ちゃん。

のんびりしているようで、勝負の勝ち負けや、勝ちたい相手を定めているようです。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。