ナカニシ(7716)の株価分析”世界シェアトップの歯科医療用製品メーカー”

これは個人的な意見ですが、日本人の歯科治療の意識は世界的にみて低いと思っていました。

しかし、そんな日本のメーカーが世界シェアトップをとっているなんて!!

さすがジャパンクオリティーです♪

もくじ

1.ナカニシの事業

2.世界で活躍するナカニシの製品

3.ナカニシはブラック?

4.主要株価指標に見るナカニシ

5.ナカニシの今後の展望とまとめ

1.ナカニシの事業

超高速回転技術を得意とする機器メーカーです。

・歯科医療用製品

歯科用精密ドリル(世界No.1)

・外科医療用製品

骨切削用ドリル

・一般産業用製品

モータースピンドル(自動者、スマートフォン、航空機などの超微細な精密機器の製造に使われています。

また、繊細な日本の伝統工芸の政策の場でも活躍しています。

2.世界で活躍するナカニシの製品

歯医者はコンビニよりも多いなんて言われていますが、国内市場だけではなく、世界135カ国以上で愛用されています。

欧州ではトップシェアであり、アメリカ、アジアでもシェアを伸ばしているところです。

売上のうちの75%は海外という超優良企業ですね。

コンビニより多いという事はそれだけ市場が大きいとう事ですね。

そんな国内市場よりも海外での売上の方が圧倒的に大きいなんて恐ろしいです・・・。

3.ナカニシはブラック?

ナカニシで検索すると、ナカニシブラックという検索ワードが出てきました。

気になって読んでみると、部署の配置転換が多いとか、提案がすんなり通るが・・・といった内容がほとんどでした。

自由な社風ですが、ミッションの割に給料が普通といったところを不満に感じている人がある一定数いるということでしょうか?

超速回転技術を色んな分野に応用しようという意欲が見えてきました。

4.主要株価指標に見るナカニシ

売上(単位:100万円)

ここ数年は売上が落ちていますが、それ以前は毎年しっかり売上を伸ばしていました。

時価総額は2,140億円程度であることから過小評価されているともとれます。

ROE

ROEはとても優秀です。

世界首位級ですが、新規参入が難しい業界なのでしょう。

医療系ですので、安くて品質の悪いものを下手に使うわけにはいきませんからね。

一株益

ほぼ横ばいです・・・。

PER20倍とすると株価は1,600円くらいが期待されるので、現在の株価2,200円は少し割高です。

BPS

こちらはずっと右肩上がりです。

ただし、株価と比較すると少しこころもとないです。

2,000円以上は欲しいところです。

有利子負債が1億円と少なく、自己資本比率93.8%と健全感はすごくある会社です。

5.ナカニシの今後の展望とまとめ

自己資本比率がとてつもなく高いにも関わらず、ここまで世界でシェアを広げているとはとてもすごい会社です。

一般に医療機器は高額であるため、病院にとってもこれらの機器は先行投資であり、購入後はそう何度も買い替えはしたくないところです。

こういったところにナカニシの成長スピードがまっちしているのでしょうか?

いずれにせよ、シェアを伸ばす、若しくは持ち前の技術を他の製品に応用し販売網を増やしていく事が今後の成長のポイントです。

配当利回りは2%を切っておりあまり買いのタイミングではない気もしますが・・・。

企業の健全性を鑑みると、長期保有推奨銘柄ですね。

*株式投資は自己責任です。投資判断は十分に注意して行って下さい。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。