子供と絵本 ”うちのおばけ” おすすめ No.1

最近、引越しをしましたが、歩いて1分程度のところに図書館があります。

本の読み聞かせが苦手なお兄ちゃん(4歳)も幼稚園で他の子の真似をして大人しく絵本を読めるようになりました。

いままで、読書に興味がなかった事もあり絵本がほとんどないので、早速借りに行く事にしました。

自分の名前で図書館の会員カードを作ってもらえたお兄ちゃんは嬉しそうです。

記念すべき第一回は”うちのおばけ”の読み聞かせ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うちのおばけ [ 谷口國博 ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2021/8/6時点)

手に取ったポイント

子供達がおばけが大好きなので、タイトルがぴったりです。

大好きなおばけの話ならストーリーも分かり易そうですね。

猫と犬のほのぼのとした絵の感じもGoodです。

文章が多いと次のページに進むのが遅くなり、集中力がもちません。

本書は適量なので、物語に躍動感があり楽しく読めそうです。

あらすじ

表紙の猫と犬がおうちの中を散策しながらおばけをみつけます。

おうちのいたるところに不信な音や光が・・・次はどんなおばけがでてくるのかな?

読んだ時の子供の反応

ふだんの生活を切り取った内容になっているので、絵を見ながら「な~んだ!」といった感じでけらけら笑ったり。

おばけが出てくる前のページでは楽しそうに怖がったりしていました。

いつもおばけ遊びを兄妹でしているので、想像力が膨らみそうです。

読み手としての感想

文章が平易で読みやすいです。

うしみつどきといったように、幼児にはピンとこないフレーズが一か所ありましたが、それ以外は気になりません。

なるべくおばけが出てくる前は雰囲気を出して読みました。

おばけの正体が分かった瞬間は子供達が解説してくれるので、不明な点をフォローしやすかったです。

まとめ

第一回目としては最高のチョイスでした。

はじめて図書館に行ったお兄ちゃんも、また図書館に行きたいといっていたので順調な走り出しです。

パパも調子に乗って、今月の目標は1日1冊とノルマとしつつ、合計50冊の読み聞かせを目標にします!!

面白い絵本が見つかったらまた紹介します。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。