KLMビジネスクラス体験記(パナマ→アムステルダム→成田)ひそかに世界一周達成

もくじ

1.パナマ(トクメン国際空港)

2.パナマからアムステルダムへ

3.アムステルダム(スキポール空港)

4.アムステルダムから成田へ

5.旅のまとめ

パナマに仕事で行ってきました。

帰りの便はKLMを利用したので、パナマからオランダ経由成田の道中もご紹介します。

1.パナマ(トクメン国際空港)

トクメン空港に着いて早速チェックインです。

あれ?チェックインカウンターがないぞ?

たまにこういう空港があるんです・・・。

時間にならないとチェックインカウンターがオープンしないし、なんの案内もなし。

とりあえず、チェックインカウンターの配置を確認しうろうろ。

地元の航空会社コパとそれ以外で分かれているようです。

チェックインカウンターの電光掲示板を見ながらのんびり待ちましょう。

コロナの影響は落ち着いているのか、お土産屋さんは全て営業しています。

既にホテル滞在中にお買い物は済ませたので、一通り見学した後はラウンジへ。

ラウンジの写真です。

白い机の上に、ちょっとしたお菓子が並んでいます。

軽食の提供はないですが、奥のバーカウンターでアルコールの提供はしていました。

利用者が多く、大変混んでいます。

2.パナマからアムステルダムへ

それではパナマ出国です!!やっと帰れる・・・うんざりする仕事が終わりました。

今回はビジネスクラスを利用しました。

席はフルフラットになりますが、仕切りとかはないのでプライバシーはあまりないです。

飲み物はウェルカムシャンパンです。

搭乗後に機内食のサービスがありました。

機内食二回目です。

クロックムッシュが尋常ではないほど美味しかった♪

KLMの食器はどれも可愛くておしゃれ、食事の際、気分があがります。

長いフライトを終え、オランダの街並みが見えてきました。

美味しい食事とワインのお陰で睡眠もばっちりです!

3.アムステルダム(スキポール空港)

スキポール空港は欧州でトップクラスに大きな空港です。

お土産屋さんも充実しています。

・・・が、個人的にはあまりおすすめできるお土産がないのでパスしました。

参考までに・・・ミッフィー、チューリップの球根、オランダ陶器、ゴッホ関連グッズ、チーズなんかがあります。

歩き疲れたので、ラウンジに入室です。

とにかく広くてきれいです。

オシャレなカフェ風のでざいんで、軽食コーナーやアルコールのコーナーもあります。

残念ながら乗り継ぎが二時間もなかったので、今回もパスしてコーヒーで一服です。

4.アムステルダムから成田へ

美しい色の機体ですね。ようやく出発です。

搭乗してすぐに、フライトアテンダントの方から「すでに長いフライトを終えて、直ぐに二回目のフライトなんて信じられないわ!時差ぼけが激しいうえ、疲れているだろうけど頑張って下さいね。」と声をかけてもらいました。

会社手配の航空券だけど、やっぱり普通ではない日程なのね・・・。

パナマからアムステルダム便と違い窓側に傾斜したシートになっていました。

ビジネスクラスは利用者が少ないためゆったり!

フライトアテンダントの方も少し余裕があるのかこまめに声をかけてくれます。

一回目の機内食。

連戦ですが、変わらぬ感動!!

最後の機内食はカレーを選択。

ココナッツ風味のリゾート感あふれるカレーです。

5.旅のまとめ

KLMのビジネス利用は初めてでしたが、フライトアテンダントの方が優しく、食事も最高で快適な空の旅を過ごせました。

アムステルダムでお土産を買いませんでしたが、素敵なプレゼントまで頂きました。

中身はお酒のようですが、インテリアとして飾るのに丁度よさそうです。

今回はパナマへの出張でしたが、行きは成田よりロサンゼルス、ヒューストン経由のパナマ。

帰りはアムステルダム経由の成田でしたので、ひそかに人生二度目の飛行機で世界一周を達成した思い出深い旅となりました。

(Panamaホテル滞在記→)https://kclaboratory.com/wp-admin/post.php?post=1028&action=edit

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。