スカパーJSATホールディングス(9412)の株価を分析する ~衛星事業のスカパー!~

皆さん地上波以外で何か動画コンテンツの契約はされていますか?

スマホやパソコンなんかで簡単に見れる、ネットフリスクやアマゾンプライムなんかが、

とても安くサービスを提供しているので人気ですね。

私の周囲でも契約している人が沢山います。

私、個人もいくつか利用しています

さて!衛星放送のスカパー!ですが、以前はよくテレビや電車でコマーシャルを目にしましたね。

個人的にはJリーグを見るため契約していました。

最近ではルヴァンカップやアジアチャンピオンズリーグの時ぐらいしか契約していませんが。

yellow flag on boat
Photo by Pixabay on Pexels.com

目次

1.魅力的なサービス・商品を提供しているか?

2・スカパーJSATホールディングスの強み

3.株価と主要指標

4.まとめ

1.魅力的なサービス・商品を提供しているか?

アジア最大の宇宙・衛星事業会社です。

衛星放送をアジア全般に手掛けており、衛星打ち上げ事業では国から受注を安定的に受けています。

また、NTTとも共同で事業を展開しています。

衛星ならスカパー!ですね。

アジアに敵なしといったところでしょうか?

2.スカパーJSATホールディングスの強み

アジア最大の宇宙・衛星事業会社ですので、勿論国内トップです。

優先的にビッグビジネスを国からもらえるのは魅力的ですね。

かといって、必要以上に案件が増える方向には期待できないですが・・・。

少なくとも宇宙事業への開発投資が減る事はあまり考えられないので、

スカパー!の安定ビジネスモデルは健在でしょう。

JリーグがDAZN(ダゾーン)に契約を持っていかれた時の衝撃は凄かったです。

個人的には放送の質は断然スカパー!ですし、使い勝手も天と地の差だったので、

怒りすら感じています(物理的に私からサッカーを見る機会を奪いました)。

会員数の減少はまだ続いていますが、宣伝費の削減などで傷口を抑えています。

衛星放送事業を独占状態です。

元より、豊富なコンテンツをゆうしていますので、地の利を活かしてこれから何かしらのテコ入れがある事に期待です。

3.株価と主要指標

株価

株価は435円(5/26)です。

スカパーの株価は400 – 500円内をふらふらしていて、分かり易いのが特徴です。

450円きってきたら買い、抜けたら買いという感じで私もたまに買っています。

売上

売上はじぐざぐしながらも横ばいといった感じですね。

衛星放送の会員数が頭打ちであることと衛星事業の受注状況によってふらついているのかもしれません。

ROE

平均的な日本企業といった感じです。

堅実ですが、とがった感じがありませんね。

一株益

平均値が40円あたりでしょうか?

株価は割安に感じます。

BPS

衛星放送事業が低調な割に、体力をしっかりとつけていますね。

株価と比較するに、安全余裕度が高いです。

ここが私がスカパー!が気になっているポイントです。

4.まとめ

配当を安定的に15円前後出してくれており、高配当です(4%付近)。

株価が一気に下がったり、上がったりが期待できない分、中長期保有で売り買いするのに魅力的な銘柄です。

残念ながらWOWOW(使用料無料)のような株主優待は実施しておりません。

我が川崎フロンターレがDAZNマネーの恩恵を一番受けているのでなんとも言えませんが。

個人的にはJリーグがスカパー!で見れるようになる日が帰ってくることを願ってやみません!

*株式投資は自己責任です。リスクが必ずありますので、投資判断は慎重に行って下さい。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。