本は電子書籍か紙媒体どちらがおすすめか?

つい一年程前に海外転勤の話があがったので、大量にあった本をしぶしぶ売却し、

電子書籍でかうようにしました。

結局、海外転勤はキャンセルとなり、東京勤務になったのですが・・・。

身軽になったのは良かったのですが、大事にしていた本を手放すのは辛かったです。

ついては一年程、電子書籍生活をしているので、私見をまとめてみます。

light inside library
Photo by Janko Ferlic on Pexels.com

目次

1.電子書籍に変えて気づいたこと

2.紙媒体(新品)、古本、電子書籍のどちらがおすすめか?

1.電子書籍に変えて気づいたこと?

ちなみに、私はエクスペディアのスマホを利用し、楽天のサイトで購入しています。

・値段は紙媒体と同額です(材料費、印刷費、運送費用がかかっていないはずなのにおかしいですね)。

・定期的に20%OFFセールが開催されているので、紙媒体の新品よりかは安くなる。

*こまめに読みたい作品を買い物かごにれておき、セールの時しか買いません。

・場所をとらず、移動時の荷物が減る。

*通勤前に本を鞄に詰め込む必要がありません。

・欲しい本が見つけにくい。

*最初の方はすぐにみつかりますが、おすすめ商品がマンネリ化してきます。

→私は本屋に定期的に通い、気になる本を探すようにしています。

・スマホの電池の消費量が気になる。

・スマホの照明がきつい。

・気になったページを探すのが面倒。

*紙の媒体なら、指の間隔などで大体覚えていられますね。

・紙面に表情を感じない。

*文字に表情が感じられません。つまらない本はよりつまらなく感じます(分かりにくい表現ですみません)。

・今までの読書記録(読んだ本の数、ページ数など)が残り、便利。

・付録がついている本は諦める必要がある。

・音声ダウンロード式はテキストとアプリがどちらもスマホであるため、使い辛い。

2.紙媒体(新品)、古本、電子書籍のどちらがおすすめか?

結論から言います!

”併用”がおすすめです。

あなたが特別に固執しているか、コレクター性のあるものについては紙媒体(新品)がよいでしょう。

それ以外は電子書籍がおすすめです。

古本は安いので魅力的ですが、話題の本などは、さほど安くなく、20~30%落ちの価格です。

これなら電子書籍のセール品と、ほぼ遜色はないので、電子書籍がよいでしょう!

ただし、定価より明らかに値段が落ちている商品については古本で購入し、

可能であれば速やかに読んで、二度と読まないものについては売却しましょう。

3.併用する事による効果

・本棚がスッキリ!

・積読が簡単になった

・財布に優しくなたった

・楽天ポイント、クレジットカードのポイントが溜まる

・移動が快適になった

・欲しい本を躊躇なく買えるようになった

・本屋(新品・古本)だと入手が難しくて諦めていた本も手に入れやすくなった

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。