はじめての読み聞かせ📚

我が子は二人とも本の読み聞かせを大人しく聞けない。

むしろ、読む方をしたいようだ。

先生ごっこが大好きだ。

お兄ちゃん(四歳)、妹(二歳)は大人しく本を開けない。

むしと、ぺらぺらして、本をレール代わりにトーマスを走らせる方が好きだ。

いつものようにテレビを見ているので、これじゃまずいとふと思い。

”ソフトクリーム”とっきゅうを読んであげた。

これはパパが5歳くらいの時に読んでた本だ。

矢玉四郎というはれぶたシリーズで有名な作家さんの本だ。

少し分厚い・・・。

ふと思いついたと書いたが、パパのチャレンジポイントが一点ある!

それは、本を子供達から手の届かない位置に保つ事だ。

(ホワイトボードで先生が授業をするイメージ!)

珍しく、黙って聞くお兄ちゃん。

いつも通り、パパの周りをふらふらする娘。

「おしまし。おしまい。」

本を無事、初めて読み聞かせっぽく終わらせる事ができた!!

「サイさんはなんでポッポに乗ったの?」とお兄ちゃん。

「アイスクリーム(ソフトクリーム)を買いに行ったんだよ。」

「なんでポッポに乗って、アイスクリーム買いに行くの?」とお兄ちゃん。

「ママの誕生日なんだよ。面白かった?」

「なんでママの誕生日なの?」とお兄ちゃん。

「誕生日は短曜日なんだよ。面白かった?」

「サイさんの足はなんで出てたの?」とお兄ちゃん。

「ママを喜ばせようと、大きいアイスクルームに隠れたんだよ。面白かった?」

「なんで隠れると喜ぶの?」とお兄ちゃん。

「誕生日だったからびっくりさせたかったんだよ。」

「ぶたさんとネコさんはなんで線路の上にいたの?」とお兄ちゃん。

「ポッポに乗りたいから邪魔してたんだよ。面白かった?」

「邪魔するとなんで乗れるの?」とお兄ちゃん。

「ポッポが進めないから、乗せたんだよ。」

「アイスクリームになんで穴空いてるの?」とお兄ちゃん。

「ぶたさんとネコさんがアイスクリーム食べたいから穴開けたんだよ。面白かった?」

「うん。っで、なんでサイさんはポッポに乗ったの?」とお兄ちゃん。

面白かったようで良かった♪

*ソフトクリームとっきゅうはだいぶ古い作品のため、楽天・AMAZON探しましたが見つかりませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくときどきぶた/矢玉四郎【1000円以上送料無料】
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/24時点)

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。