小林の日でしょ?

金曜日の午後のこと。

お兄ちゃん(四歳)がカブちゃんのTシャツを着て走ってきた。

カブちゃんはJリーグの川崎フロンターレのマスコットだ。

「今日は小林の日でしょ?」とにっこり。

川崎フロンターレのエースストライカーの名前が小林であるが、我々が小林と何度も言っているので、

お兄ちゃんはサッカーを見る日の事を小林と言う。

しかし、Jリーグは通常土曜日開催だ。

ぼちぼち曜日の間隔がついてきているなら嬉しいのだが、残念ながら違うよ。

土曜日のこと。

私が「今日の午後は小林の試合だからね!」というと、

「小林着ないと!」とお兄ちゃん。

残念ながら、昨日来たから今日はないんだ・・・。

試合の笛がなる。

「小林始まったからプラレールするね♪」とお兄ちゃん。

静かになるからいいけど、見ないんかい!!

前半終わって2-0で勝っている。

なぜか点数が入る度に、見てないくせにハイタッチの強要がはじまる・・・。

後半も中盤にさしかかり3-0で勝っている!

突然、お風呂から上がってきたお兄ちゃんがフロンターレの練習着をきて参戦。

おっ!やっと、興味を示したか?

と思いきやプラレールを始める。

見ないんかい!!

そして、その数分後に失点・・・。

なんだかな・・・やはり気持ちが大事!!!

試合は無事3-1で終わったが、未だにサッカーに興味がない息子であった。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。