アリアケジャパン(2815)の株価を分析する ~畜産系エキストップ ~

こんにちはKC.Lab所長です。

今日はアリアケジャパンについてまとめていきたいと思います。

アリアケジャパンといえば私が1,500円で購入して10,000円で売り切る事ができた思い出のある銘柄です。

(どのような会社か?)

業務用スープなどを販売しています。

ただ開発販売だけであればよくありそうですが、再現能力が優れています。

ラーメンの原価ですが、スープが占める割合が結構大きいです。

また、仕込みに一番時間がかかります。

こういったものを正確に再現し、工場で大量生産できればコストと人件費を大幅に削減できます。

また、海外進出する企業、チェーン展開を進める企業などにとって、どこでもオリジナルの味を再現できるので大変助かります。

廃棄物も減るでしょうし、キッチンスペースも縮小できそうですね。

アリアケジャパンは海外進出にも積極的で、既に信頼を勝ち取っています。

大きな工場を各地に所有しており、生半可な新規参入はできる状態ではありません。

スープは消耗品であり、必要な商品ですので永久にリピートしてもらえる良いビジネスモデルですね。

(株価と主要指標)

*数値は2021年5月に調査したものです。

株価

株価は現在6,700円です。

一時期10,000円を超えましたが、ゆっくり下がってきています。

コロナの影響で外食産業が停滞したことなどが原因です。

売上

コロナの影響がなければ、綺麗な右肩上がりといったところでしょうか?

ROE

ROEも毎年良い数字を出しています。

2019年が少し突出していますが、コロナの影響がなければこの付近が出ていたのかもしれません。

海外の新規工場への投資が終わり、回収のフェーズに入っていたはずです。

一株益

一株益を平均として考えると250円付近です。

524円をつけている時期の状況を考えると10,000万円をつけてくれる潜在能力はありそうですが、

確実に5,000円程度の株価が適正といったところでしょうか?

BPS

株価と比較するとあまり魅力的に映りませんが、順調に上がっています。

(KCの個人的な考察)

とても魅力的なビジネスモデルです。

以前、テレビで見ましたが、高級フレンチのスープなども手掛けており、世界の常識を覆しているようです。

営業がうまくいけばさらに海外進出をし、大きくなってくれそうな会社です。

但し、株価は過熱感が一旦落ち着き下がっているところですので、もう少し安くなってから買い戻したいところです。

私が保有している時は、権利がなかったのですが株主優待もあり、さらに魅力的になっています。

*投資は自己責任でお願いします。必ずリスクはありますので十分に注意して判断してください。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。