経営者のコーチング術 ”1兆ドルコーチ” レビュー

こんにちはKC.Lab所長です。

今日も小言をぴよぴよつぶやきます。

今日紹介するのは”1兆ドルコーチ”という本です。

購入の動機

書店で発見していましたが、力をいれて展開されていましたので、すぐ目につきました。

本との出会いは一期一会、しかし、忘れっぽいので帰ると書店で見つけて感動した本を覚えていません。

そんな事がよくあるので、この本はすぐに買いました!

なんてたって、100兆円コーチですからね。

スティーブジョブズ、ラリー・ペイジ、ビル・ゲイツなどなど、

今の時代を作った、ビッグネームのコーチと言われている人だからです。

これは読むしかないでしょう!

レビュー

ここからはレビューです。

さてさて、どんな凄いコーチングをしたのだろうと思いページをすすめます。

一つ一つの内容については今の時代では当たり前となっているノウハウです。

問題は活躍した時代が重要なのでしょう!

だって、もう数十年前の話ですからね。

ビルはフットボールの監督でした。

そんな、フットボールのチームマネージメントを経営に取り入れたのです。

アメリカってなんだか、個人プレーなイメージがしますが、

それぞれ優秀な人達が足を引っ張りあうのではなく、チームのために働ける人材を集め、チームとしての思想を植え付け、

チームを引っ張るリーダーを育てたというわけですね。

そんな、ビルさんの逸話を本書を通して知る事ができます。

これからリーダーになる人、課長以上の人は必読の書でしょう。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。