コロナ化における海外からの移動

こんにちはKC.Lab所長です。

今日も小言をぴよぴよつぶやきます。

これは、9月末、長期の仕事が終わりシンガポールから帰国した際の体験談です。

シンガポール空港

空港内の専門店は閉店していました。

コンビニが1件とギフトショップが1件、カフェは営業していました。

空港利用者が平常時と比べると少ないせいもあるのか、ラウンジは使用する事ができ、ほぼ通常通りのサービス。

飛行機

ANA便を利用。

機内はがらがらで、一列に人が二人といった感じでしょうか?

広々としており、ストレスなく過ごす事ができました。

機内食、飲み物等は通常通り提供されますが、いつもより巡回するペースは遅いような気がします。

PCR検査

成田空港に着くと、PCR検査を受ける必要があります。

唾液から採取し、検査結果がでるまでの間、空港ロビーで待ちます。

所要時間は3時間程度です。

陽性だと、指定のホテルに連れていかれるようです。

私は勿論、問題なしでしたので、会社手配のタクシーでホテルへ移動。

二週間の隔離生活

ホテルか自宅での二週間隔離が選べますが、私は家族に迷惑がかかる事(子供が幼稚園にいけなくなる)からホテル待機を選択。

長期の滞在になるので、洗濯問題が発生します。

ホテルのランドリーサービスを会社が負担してくれるとのことでしたので、フロントで確認しましたが、隔離者の洗濯物は取り扱えなそうで、近くにコインランドリーを紹介されました。

それっていいのか??

毎日、コインランドリーに行くのが面倒な私は、バスルームで手洗いする事に・・・。

食事や日用品は自由に買いに、いつでも自由に外出してよいそうです。

もはや、モラルの問題で、ホテルにいる意味ないよね?

すくなくともPCR検査受けているので、これからうつされる方が心配ですがと思いながらの生活でした。

結局、朝食はホテルでとり、それ以外はルールの範囲内で最小限の買い物にしました(店内では食事はできません)。

ホテルの朝食は毎日同じメニューであったため、二週間の生活では苦行に近いです。

あまり人気がないのか、他のコロナ隔離者?らしき人ばかりでがらがらです。

たまに、普通の人らしき人が来ますが、その人達の方がマナーが悪いので、久々に日本に帰ったきた身としては報道を疑ってしまいます。

朝食もなぜか、日に日にグレードが落ちてきているのが分かります。

コロナの影響で経営が芳しくないのでしょうか?

耐え忍ぶしかありません。

途中から、朝食会場のカーテンすら開けてくれなくなりました。

やむなく、自分で開けました。

ルームクリーニングは二週間なしとの説明を受けました。

最悪です。もう、違う病気になるのではないのかと不安になります。

やむなく、自分で掃除を行います。

それにも関わらず、宿泊料は同じです。

シーツすら変えてくれません。

かろうじて、バスタオル等は部屋の外に置いておくと、新しい物をドアノブにかけてくれます。

国への報告

PCR検査の際、メール、電話、LINEいずれかの定例確認を要求されます。

LINEが一番簡単とのことでしたので、LINEを選択。

毎朝、同じ時間にLINEが届きます。

質問は以下の、二点です。

・37.5℃以下ですか?

・家族や付近の人で体調が悪い人はいませんか?

三日目あたりから慣れがでてきますね・・・。

どちらも問題ないので即答です。

なんだかなぁ。

まとめ

二週間の隔離生活から解放され自由を手にしました。

やっぱり自由に買い物できたり、好きなところに行けるのは気持ちがよくてわくわくしますね。

確かに少し大変ですが、衛生意識も高まり良くなった面はあるのではないでしょうか?

しかし、ウィルスの脅威との闘いはいつまで続くのか・・・?

今、盛んに言われているニューノーマルな生活が、今後継続されていくのでしょうか。

海外移住計画にも影響してくる可能性もありそうですので、平穏な日常が戻ってくることを願ってやみません。

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。