洗濯機の周りが断然きれいになって生活環境が変わる!”洗濯機用かさ上げ台”かさあげくん”

はじめまして、KC.Lab.所長です。

このブログを開設しての、最初投稿ページにご来訪ありがとうございます。

以前、洗濯パンに付いている排水口について業者に注意を受けたのでその際の体験談をベースに商品を紹介していきたいと思います。

<目次>

1.1 洗濯機の脱水機能が使えなくなった。

1.2 対応と原因

2-1 かさあげくんを購入した理由

2-2 かさあげくんを購入して分かったメリット

3.1 あとがき

1.1 洗濯機の脱水機能が使えなくなった。

先日、洗濯機の脱水機能が急に使えなくなり、洗濯機が止まるといった事象が発生しました。

洗濯機が使えるようにはできたのですが、過去、私がいない時に排水管の清掃業者がきて、我が家の洗濯機の排水口は清掃してもらえないという事実を家族から知らされました。

1.2 対応と原因

まずは、脱水機能が使えなっかた件についてのトラブルシューティングからご紹介します。

・洗濯物の偏りを疑い、手動でドラムを回す。

→ちょろちょろ流れている音はするものの、すぐに止まります。

 ドラムから排水溝までは水が流れている?

・排水溝に水を注入

→排水溝が詰まっている事を疑い、ペットボトルで2Lの水を流し込み、排水されるか確認しました。

 水は全てながれていったので、排水管は大丈夫のようです。

いっこうにらちが明かないので、結局、洗濯パン付属の排水口を開ける事としました。

ここが詰まっていてくれれば、洗濯機の故障ではないので、助かるのですが・・・。

(排水口は工具を使わずとも、簡単に開放可能です。)

そして、排水口を開けてみると・・・大量の糸くずが出てきました。

原因はこれだ!!

水を直接排水口に注水すると流れる原因もうなずけます。

排水口を掃除して、元に戻してこれでよし!!

2-1 かさあげくんを購入した理由

・今回の排水口を掃除する作業において、重い洗濯機を動かす必要がありました。

・以前、排水管の清掃に来た業者に洗濯機を動かす際に洗濯機が壊れたら困るので足をつけておくよう注意を受けました。

業者が来るのは大抵日中です(日中は皆さん仕事などで、女性一人では洗濯機は動かせないですね)。

洗濯機の足がないため、排水管洗浄を断られましたという記事もいくつか見ました。

以上の理由から、”関東機材のかさあげくん”を買う決断となりました。

2-2 かさあげくんを購入して分かったメリット

・配管洗浄の際、重い洗濯機を動かさなくてよい。

→洗濯機を動かさなくとも、高圧洗浄機が入るスペースが確保できました。

 これで、私の家だけ清掃してもらえないといった事はないですね。

・洗濯機の下の部分の掃除ができる。

→以前からホコリがたまり気になっていたので、とても嬉しいです。

いかがですか?男性の腕でも十分に奥まで入るので、ピカピカにできます。

・洗濯機の下に収納スペースができた。

→横に立てかけていた体重計が余裕で入ります。

・洗濯機の振動音の低減

→かさあげくんには滑り止めのゴムが付いているので、洗濯機の振動音が少し優しくなりました。

・洗濯物の出し入れの負担が軽減されました

→ドラム式洗濯機を使用していますが、かさがえくんのお陰で、洗濯槽の蓋の位置が少し高くなり、腰への負担が少し軽減されました。

・見栄えがよくなった

→かさあげくんを選んだ理由は見た目が良かったというのが理由ですが、設置前と比べ、目線が変わった効果も相乗してスッキリしました。

3.1 あとがき

初投稿、最後までお付き合いありがとうございました。

購入前は面倒だなっと感じていましたが、使ってみると大満足です。

気になった方はLet’s try!

登録お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。